« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

デジタルオーディオプレーヤとか

MP-B300 (SHARP)
在庫処分品を7千円ちょっとという格安で手に入れることができた。実は先日SDを買ったのはこれで使用するための準備。
メモリ1GB、FMラジオ、ボイスレコーダ、FMトランスミッタが内蔵されている上、miniSDも使える。

Dvc00043

嫁が車で使いたいというので曲をあれこれ転送することになった。
WindowsMediaPlayerの機能を使って転送できるという事だったが、自動的にアーチスト毎のフォルダを作るようで、50を超えるフォルダが認識できない。面倒くさくなったので普通のUSBメモリと同様、手動でごっそりファイルをコピーした。

Dvc00044

本体側のコネクタはUSB-miniBともデジカメ専用とも違う謎の形状。

iPodの偉大さが分かったような気がする。

音は悪くはないし、入門用としては十分。嫁は満足しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MicroSDとか

ハギワラシスコム MicroSDカード 1GB SDカード HNT-MR1GTA
Amazonで\2,340という価格で売っていた。安くなったものだ。

Dvc00039

SD、miniSDへの変換アダプタが付属している。
早速SH903iで使ってみたが問題無いようだ。(SH901iSの時はADTECのメモリと相性が悪くて読み出しに異常に時間がかかっていたが903iではどうなのだろう?)

Dvc00040

I.D.E.Ainternational アクリル電波クロック LCR019-B
電波置き時計だ。基本的に家に居る時はPCを起動したままの我が家でタスクバーを出しっぱなしにしていると15分タイマーのスクリーンセーバを使っても画面が焼き付く事に最近気が付いた。「自動的に隠す」という設定を適用したのだが、これで困るのが時計が見えなくなる事・・・という訳で置いてみた。
IDEAのデザイン小物はシンプルで格好良いものが多い。ハンズやloftに行くと必ず物色するのだが、Amazonでも買える事が分かったので一緒に注文してみた。

Dvc00041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震@三重2

地震その後。
今朝、会社に出勤してみると予想以上に普通だった。昨日出勤していた人は相当混乱していた事だろう。復旧にあたってくれたくれたメンバーには感謝しなければ。

昨日も書いたが私が住んでいる地域では水道に濁りが発生している。ウチは多少黄色っぽいかな?という程度だが場所によってはかなり茶色い水が出ている所もあるそうだ。ちょっと、この水で白米を炊くのは抵抗がある。

そんな訳で嫁が地区センターで給水を受けてきた。給水というと、バケツか何か容器を持って行くものと思っていたのだが、最近は進んでいて写真のような容器を配給してくれる。なかなか見ることが出来ないと思うので公開しておく。

ニュースでやっているので場所はバレバレだけど一応、市の名前は伏せておく。これで6リットル。保存は利かない。水は市内の給水塔のものだそうだ。

Dvc00038

裏面にいろいろ説明書きがある。注ぎ口とリュックにもなるベルトが付いている。かなり機能的。

Dvc00036

Dvc00034

Dvc00033

今回は大きな被害が無かったのでこんな事をしていられるが、もしこれが東海、東南海地震だったら今頃どうなっていただろう。良い教訓となった体験だった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

地震@三重

ニュースの通り、本日2007年4月15日 12時19分ごろ、私の住む三重県北中部で震度5の地震があった。

ちょうど昼食を食べ終わり洗車にでも出かけようかというときの出来事だった。本震が起こる数分前ゆっくりとした揺れを感じて嫁に「地震?」と聞いていた直後で本当に驚いた。地鳴りが聞こえる程の地震だったので一瞬、生命の危険を感じた。これほどの地震を体感したのは20何年前の千葉県茂原沖地震以来。

家族が全員居る時で良かった。我が家は落下物もなく箪笥の扉が開いた程度で実害は0だった。マンションのエレベータが休止になっていたなぁ・・人が閉じこめられている様子無い模様。ウチは3階だから良いいけど、最上階の8階に住んでいる人は大変そうだ。市内の水道で濁り水が発生しているので夕食はちょっと離れたところで外食となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PCケース分解

3月26日投稿分の「春休みの宿題」で話題にしたPCケースの分解を再開した。
前回はドライバで分解できる所まで進み鉄製シャーシをどうしようという所まで・・・
当初ハンドニブラという工具で切断する予定だったがこれが思ったより大変で思うように進まない。この工具は平面の鉄板を切断したり穴を広げたりすることには向いているが微妙に凹凸があるPCケースのシャーシの様なものは刃先が届かない所があり作業が難航。
しばらくやる気を無くして作業を放棄していたのだが、会社の先輩にリベット留めならドリルでリベットごと飛ばしてしまえば良いという事を教えてもらった。早速その方法を試してみる事にする。

鉄材を削る作業は大変危険なので手袋等の保護具敷物を用意しておきましょう

一家に一台。電動ドリル(目の前のホームセンターで特売していた)

Dvc00029_blog

こんな感じのリベットがケース全体で30~40箇所ぐらいある。

Dvc00032_blog

ドリルは5mmほどのものを使用。掘り進むとリベットの頭が簡単に取れる。

Dvc00031_blog

分解完了。箱形に見える部分はただの曲げ鉄板なので平面に折りたたみ資源ゴミ袋にちょうど入った。

Dvc00030_blog

※私は敷物をする事を忘れて床に傷を作ってしまいました。最初の注意書きは必ず守ってください。※

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パラレルATAよさらば

今月の増強ネタ。

Dvc00027_blog

スーパーマルチドライブ:BUFFALO DVSM-X1218FBS-BK
中身はPioneer DVR-212
SATA接続の光学ドライブはまだ数が少なく決め手がない。今回買ったものはどうもP5B-DELUXEで使うとAHCIモードでブートできないらしい。対応ファームが出る事に期待している。バルクでも同じドライブが多少安く売っているがPowerDVD7が付属している等バンドルソフトが充実しているのでこちらにした。
ファームで思い出したが、マザーボードメーカであるASUSTeKのサイトが4月7日現在、攻撃を受け悪質コードが埋め込まれる被害を受けているそうだ。(ここはしょっちゅう攻撃を受けてサーバがダウンしている)訪れる際は注意が必要だ。

内蔵型S-ATA HDD(320GB):HITACH Deskstar T7K500 HDT725032VLA360
前に買った2本のHDDはSeagateだったが今回はHITACHIのもの。価格、容量、スペック等に大差は無い。気分で違うメーカにしてみた。Deskstarと言えばもともとIBMが日立にHDD事業を売却する前からのブランドで静かさでは定評がある。20GB~60GBぐらいが売れ線の頃は好んで使っていたが、1台クラッシュしたのを機に遠ざかっていた。

あわせてL字型コネクタ付きSATA2ケーブルも調達した。組み込みの際に気付いたのだが、2台目に購入したSeagateのHDDは転送速度が1.5Gbits/sに制限するようにジャンパが設定されていた。ケースを開けなければずっとこのままだったかもしれない。

これで、愛機UCOMからパラレルATA(以前は単にATAと呼んでいた)接続機器が一掃されたことになる。

もう、することが無くなった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白色FOMAカードとか

今日、交換してきた。なんだか「白色FOMAカード」を検索してここに来てくれる方がいるようなので写真を公開。

Dvc0002_blog_1 

市内のDoCoMoショップは結構混んでいた。交換対象品はカードに書いてある番号の末尾がキーになっているようで、私の場合は「3」だった。これが「3」だったとしても対象機種を所持していなければ無理に交換する必要は無い。(私も紛失しているから無いのだけれど)カードを取り出す時に分かったのだが、SH903iは電池の蓋が非常に開けづらい。新品の時はそんなこと無かったはずだがアプリを多用していると電池が膨張してきて蓋のロックを圧迫する様になるようだ。SH901iSの時も同様な現象があったが何とかならないものだろうか?

今日で1週間の独身生活も終了。子供達が帰ってきて賑やかな生活が始まる。明日は新年度早々、大阪の本社へ出張する予定。(入社式やってるさなかに本社に行くのは避けた方が良いと思うのだけどなぁ・・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »