« パラレルATAよさらば | トップページ | 地震@三重 »

PCケース分解

3月26日投稿分の「春休みの宿題」で話題にしたPCケースの分解を再開した。
前回はドライバで分解できる所まで進み鉄製シャーシをどうしようという所まで・・・
当初ハンドニブラという工具で切断する予定だったがこれが思ったより大変で思うように進まない。この工具は平面の鉄板を切断したり穴を広げたりすることには向いているが微妙に凹凸があるPCケースのシャーシの様なものは刃先が届かない所があり作業が難航。
しばらくやる気を無くして作業を放棄していたのだが、会社の先輩にリベット留めならドリルでリベットごと飛ばしてしまえば良いという事を教えてもらった。早速その方法を試してみる事にする。

鉄材を削る作業は大変危険なので手袋等の保護具敷物を用意しておきましょう

一家に一台。電動ドリル(目の前のホームセンターで特売していた)

Dvc00029_blog

こんな感じのリベットがケース全体で30~40箇所ぐらいある。

Dvc00032_blog

ドリルは5mmほどのものを使用。掘り進むとリベットの頭が簡単に取れる。

Dvc00031_blog

分解完了。箱形に見える部分はただの曲げ鉄板なので平面に折りたたみ資源ゴミ袋にちょうど入った。

Dvc00030_blog

※私は敷物をする事を忘れて床に傷を作ってしまいました。最初の注意書きは必ず守ってください。※

|

« パラレルATAよさらば | トップページ | 地震@三重 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無駄遣い」カテゴリの記事

コメント

ドリルでリベットかぁ~。
参考になりました。

投稿: noa | 2007年4月15日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191600/14613395

この記事へのトラックバック一覧です: PCケース分解:

« パラレルATAよさらば | トップページ | 地震@三重 »