« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

無事着きました

セントレアからサンフランシスコからの飛行機が30分遅れて乗り継ぎがギリギリであせったが何とか着いた。

一仕事して宿泊先に入った。今回のコンドミニアムは前回の半分以下の面積しかない代わりに、繁華街に近いところにあり、なんとネットが使える。でも、書き込みはたぶん今日だけだと思う。

明日も早い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきます

行ってきます
帰国は土曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄遣い小ネタ集

出張記5本を書く間にたまった無駄遣いネタをアップ。

USBモバイル電源ポケパワー

Dscn0405
単三電池2本を収納たケースからUSB経由で電源を供給するもの。ただ、付属しているケーブルはUSB-A→FOMA系携帯のケーブルのみで他の用途に使うためには別にケーブルを用意しなければならない。はっきり言って期待はずれ。

そして、eneloop増殖中。家中の電池を二次電池化する壮大な計画。

Dscn0425

 

SHARBO XRotring 4in1

Dscn0421 Dscn0426

先に買ったのはSHARBO Xの方。以前からゲルインクが使えて見栄えのするマルチペンを探していたのだがSHARBO Xにゲルインクのリフィルがあることが分かり飛びついた。
買った後にいろいろ調べたらこの類のペンは4C互換(D型)と言って異なるメーカのリフィルを差し替える事が可能だと分かる。そこで試しにRotring 4in1も入手。これでRotringもゲルペン化。

Dscn0430
私の場合ゼブラJSB-0.5(0.5mmゲル黒、赤)とパイロットLHRF-20C4(0.4mmゲル黒)と0.5mmシャープの構成で使うことにした。
さらに詳しく調べるとこの類のリフィルはメーカ毎に多少の寸法公差を含んでおり、軸側の公差と相性が発生する。つまり完全互換とは言えないのである。特に軸の価格が高いLAMY等は要注意で太めのリフィルを無理矢理入れると本体を壊す事になるそうだ。

うーむ、文具は奥が深い。

 

I.D.E.Ainternational 電波三連温湿時計 LCR034-B

Dscn0423

最後にまた置き時計。今回のはアナログ表示。前に買ったものよりコンパクトで机の上はこれでいくことにした。

さぁ、今日は投票に行ってそれから出張準備だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○から□へ

突然だが、車を買った。

日産 Cube 1.4S KAGAYAKI Edition

Dscn0456

この前、マーチのマイナーチェンジを見に行ったのがきっかけで、その時、全然買い換える気は無かったのだが何故か本日納車されることに・・・本blog史上最高額の無駄遣い。

前任のマーチとの比較。似たような色だがマーチがビーンズでキューブがアイリッシュクリームというそうだ。
意外な事にこの2車、高さ以外のサイズと回転半径がほぼ同じ。
という事で同じ感覚で乗り回せる上、室内の広さは格段にアップした。収納もたっぷりあって良い感じ。

Dscn0458

ご当地ナンバー。明日は8耐・・・

Dscn0452gotouchi

| | コメント (2) | トラックバック (1)

メキシコ出張記5:国境を越えて

  2回目の休みはサンディエゴまで行ってみることにした。

まずはタクシーでティファナの国境へ・・・ここまでは1時間強で着く。しかしアメリカへの入国審査は長蛇の列。(車で並んだ後、徒歩で並ばないとならない)

Dscn0285 Dscn0286

国境を越えると目の前に路面電車の駅がある。$5で1dayチケットというものを買った。

Dscn0292 Dscn0287

車内はこんな感じ

Dscn0291 Dscn0300

メキシコとは全然違う街並み。火星から地球に戻ってきた気分だ。

Dscn0298 Dscn0296

今回はFASHION VALLEYというところのショッピングモールが目的地。アウトレットでは無いのだが、日本で言うアウトレットモールと作りが似ている。

Dscn0311 Dscn0309

同僚がApple Storeで海外版のiTunes プリペイドカードを入手する事を目的に立ち寄った訳だがそこで思いがけないものに遭遇・・・iPhoneである。

Dscn0306 Dscn0303 Dscn0304

カッコイイ・・・日本で売るのは早くても来年の夏頃らしいが、何処のキャリアから出すのか見物だ。

アメリカ国内は物価が高いということもあり大したものも買わずに帰り道・・・

アメリカに入国する時とは違い、メキシコに出るときは回転ドア一枚だけでパスポートを見せるところも何も無かった・・・

Dscn0314

これが国境線。

Dscn0315

帰りのタクシーを探さなければ・・・メキシコのタクシーはメータなど付いておらず、どれもボロボロ。窓ガラスが割れている、中からドアが開かない。スピードメータが動いてない等、毎日スリル満点。

Dscn0316

さぁ、また1週間後に行くのか・・・ちょっと憂鬱になってきた。次回は休日を挟まないためネタが無いと思う。と、言う訳でメキシコ編はひとまず終了。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メキシコ出張記4:メキシコの食べ物

今回の出張はコンドミニアム滞在であったので外食の機会が極端に少なかった。そんな中で撮り溜めた写真を紹介。

これはトルテイヤと呼ばれるもの。トウモロコシ粉の薄焼きの生地で具を巻いて食べる。こちらの主食っぽい。会社の食堂でも普通に出される。

Dscn0191

これはタコストルタ。手前がタコスで奥がトルタ。タコスは前記のトルテイヤと呼ばれる生地にトルコ料理のケバブに似た回転焼きの肉をそぎ落としたものを野菜やサルサソースなどと一緒に巻いたもの。具はシーフードなども選べる。トルタはトルテイヤの代わりにパン(フランスパンっぽい固いパン)で挟む。

Dscn0274

これはメキシコ料理ではないが、エビの包み焼き。現地はシーフードも豊富で私はロブスターを食べるつもりで入ったのだがあいにく売り切れで包み焼きにした。

Dscn0199

現地で一番飲まれていたビール「テカテ」他にも日本でもよく見る「コロナ」等があった。注文するとライムが一緒に出てくる。

Dscn0189_1

アイスを買ったとき。これで1$。ちなみにメキシコの通貨はペソで1$=10ペソの感覚。ドルを払うとペソの釣り銭が出てきたり何でもあり。自販機はペソのコインしか受け付けない。

Dscn0243

メキシコ食を一通り食べてみた感想
・全般的に味しい
・辛いというイメージがあるが、辛いものを明示的に指定しない限り普通の味。
・スープは味いものがない
・豆系の料理は好みが分かれる
・ビールは軽いものが多い

3週間だったから好印象だが、これが3ヶ月続くとまた変わると思われる。

※.追記:プロフィールの写真入れ替えてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メキシコ出張記3:休日の過ごし方

3週間の滞在のうち日曜日だけ2回休むことができた。

初回の日曜日はハードな平日の反動で半日使い物にならず行動は午後から。コンドミニアム周辺も探索したいところだったが、とにかく街に出ることにする。
町外れなので不安だったが道ばたに立っていると割とすぐにタクシーが止まった。乗り込もうとすると既に人が乗っている・・・これが乗り合い乗り合いタクシーというものか・・・おかげでタクシー代は通常より安くあがり町中へ。

これは途中にあるFOXのスタジオ。かつてはここでタイタニックの撮影が行われたとか、見学コースがあるそうだが大したことが無いというのが皆の評判。

Dscn0277

街に着いた。言っても大したものはなく、昔のアメ横(上野)のような土産物屋とビーチをぶらぶらして帰るだけ。

Dscn0272 Dscn0254 Dscn0252 Dscn0247 Dscn0245 Dscn0250

翌日も早いのでこんなもの。

Dscn0259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メキシコ出張記2:コンドミニアムは凄かった

今回の出張で宿泊先となったのはコンドミニアムというリゾートマンションのような所。
私はたったの3週間しかいなかったが、多くのメンバーは1ヶ月~3ヶ月滞在するのでこのような所を一括で現地の会社が借り上げてくれている。
何処もリビング、ダイニング、キッチンが共用で2つのベッドルーム、2つのシャワールームがあるという構成で2名一組で泊まるのが基本となっていた。

私が泊まった部屋は会社から一番遠い場所に位置していてタクシーで20~30分ほど走らないと着かない。最初に行ったときはあまりの遠さに不安になったものだ。

前置きが長くなったが、どんな部屋だったか見て欲しい。

リビング周辺。42型のプラズマTVがこんなに小さく感じる程広い。TVでは映画専門チャンネルが流れていて、滞在していた当時は「007」ばかりやっている日があり「ボンド地獄」と名付けていた。

Dscn0175 Dscn0176 Dscn0177

キッチンの設備はこんな感じ。巨大な冷蔵庫、オーブン、電子レンジ、コーヒーメーカ・・・一通りのものが揃っている。調味料もいくらか残っていた。

Dscn0241 Dscn0240 Dscn0239

寝室はこんな感じ。何故かダブルベッド一つに対して枕が5個も乗っている。邪魔でしょうがない。

Dscn0179

Dscn0210

シャワールームはガラス張り。残念なことにお湯の出方はあまり勢いがない。メイン側の寝室にはジャグジーがある。

Dscn0180 Dscn0216 Dscn0212

これでベランダの半分。バーベキューコンロ標準装備・・・

Dscn0206

洗濯部屋もある。左側は乾燥機・・・

Dscn0218

ムダな装飾品も多数あり

Dscn0234 Dscn0223

ごらんのようにあきれる程豪華な部屋だった。そしてオーシャンビュー・・・

Dscn0202

これだけ見ていると羨ましいと思われるが、実際は朝6時に出て行って、夜遅く帰るので自炊しなければならないだけ鬱陶しい。
また、私が滞在した場所の周辺徒歩圏内には店というものが皆無で買い物を忘れると大変なことになってしまう。

Dscn0184

次回は週末の過ごし方など・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メキシコ出張記1:長~い6月18日

おかげさまで無事帰国できた。
今日は代休を1日いただいたので時差ボケ調整がてら出来るところまで渡航中の写真を紹介していきたい。

出発ぎりぎりまで、携帯で更新を続けた6月18日であったが、あの後も長かった・・・なんせ時間が16時間戻る訳だから。

機内食は2回出た。もはやこれが夕食なのか何なのか分からない。

Dscn0161 Dscn0162

機内の座席にはエコノミーでも個別のモニタが付いている。写真はマップ表示。この他NEWSのチャンネルや映画が3種類ぐらい選べて日本語吹き替えの映画も見ることができた。

Dscn0164

サンフランシスコ空港へ到着。人の流れに任せて・・・

Dscn0165

この空港でサンディエゴ行きに乗り換えるのだが、トランクを一度ピックアップしなければならない。入国審査と手荷物チェックはかなり待たされたがフランクフルトの方が厳しかったような気がする。

Dscn0166

サンフランシスコ-サンディエゴ間の飛行機の記憶は無い。飛び立つ前に寝て次に起きたのは着陸の瞬間だった。

これがサンディエゴ空港の周辺。日差しは強いが気温は22~23度といったところで暑くも寒くもない。ここから現地会社のバンに乗せてもらい陸路で国境越えをする。

Dscn0167 Dscn0168

マリーナの風景。軍港でもあり遠くに空母が見えた。

Dscn0169

国境では1ヶ月未満限定の就労ビザをその場で取得する($23也)。当たり前だが全部スペイン語なので見本を事前に用意しないと相当苦労する。

これがティファナの市街地。ここまでは良かったのだが・・・

Dscn0170

市街地を出ると一気にこんな風景。道路もガタガタ道に変わる。基本的に砂漠。見えている樹木は人工的に植えているもので自然に生えているものは無いと思う。

Dscn0171

そんな訳で現地の会社についたのは18日の15時・・・おかしいなぁ、出発から1時間しか経っていないことになる。そのまま仕事に入る。

流石にこの日は体力的に続かず19時頃引き上げ、この先3週間生活するコンドミニアムに入った。(風景は20時ぐらい。サマータイムのせいもあり余裕で明るい。)

Dscn0172

コンドミニアムで待ちかまえているものは・・・以下続く

| | コメント (2) | トラックバック (2)

生還

たった今、自宅に着いた。

とりあえず、報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きてます

今日は人のPCを借りて、野良無線LANを使っての書き込み。

メキシコに入国して早2週間がたった。残りあと1週間・・・

こちらの仕事は7時始まりなので毎朝5時半起きの生活が続いている。日曜はなんとか休めているが半日は使い物にならない。

今日は滞在最後の日曜だったので無理してサンディエゴまで遠出してみた。

こちらの滞在記は帰国してからゆっくり書くとして、本日は生存報告ということで・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »