« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

太鼓の殺人?

(タイトルは長女が小さな頃に口走った迷言より)

ここの所、wiiのゲームばかり紹介していたが、裏ではDSの方も細々と新作を買っている。

太鼓の達人DS 7つの島の大冒険

Img_0586

もともと前作の「タッチでドコドン!」を珍しく実家の母が欲しいというので買って送ったのがきっかけ。正月に実家に帰ったときに子供達がはまってしまい、結局我が家にも一本買ってしまった始末。

最近ほとんどの曲をクリアしてしまって新曲が欲しいと思っていた4月24日に新作が発売になった。うまいタイミングだ。
これは、実家にも買わなきゃいけないのかなぁ・・・

曲以外に前作と変わったポイントは・・・

・7つの島を巡るクエスト形式になった。
・着せ替え要素が強化された
・セーブデータが3→2に減少
 (嫁、長女、次女の3人でやっている我が家では非常に辛い)

・・・・といったところ選曲は微妙な感じだ。

実は私自身はこの手のリズムゲームが大の苦手だ。なので、絶対にやりませんw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶TVとか

とうとう、我が家にも液晶TVの時代が到来してしまった。

LC-37GX3W
フルハイビジョン、倍速駆動、ダブルチューナーという仕様。

Img_0583

夏のボーナスが出る頃に考えようと思っていたのだが、名古屋のBICカメラで17万円台+ポイント20%というのにつられて飛びついてしまった。完全な衝動買い

世界の亀山モデルだそうだ。一つの工場をこれだけプッシュしている商品がいままであっただろうか?(私は反保護フィルム&シール派なので、この後すぐに剥がした)

Img_0584

今まで28型ワイドのブラウン管だったが37型の薄型TVは一回り大きいぐらいで圧迫感がない。逆に奥行きが少なくなった分部屋が広くなった様に感じる程。

画質の方は地デジなどのハイビジョンソースだと恐ろしく綺麗だが、アナログ放送やゲーム等ハイビジョンで無い映像だと粗さが大画面で強調されてしまって辛いことになっている。

こうやって全ての映像ソフトがハイビジョンに巻き取られてゆくのだろうか。

実は納品に際して一同爆笑の騒動があったのだが、その話はここでは明かせない。理由は聞かないで欲しい。

サイドスピーカのGX4Wが在庫限りと言っていたのでGシリーズにも近々新型が発売されるのではないかと思う。新機種を待つも良し、在庫のあるうちに買うも良しだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »