« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

鈴鹿サーキットとか

08月30日(土)

夏休み最後の週末。
地元が誇る遊園地鈴鹿サーキットのプールに行ってきた。

メンバーは子供達が通うバレエ教室のお友達で、子供6名、大人4名の総勢10名だった。

9時の開園と同時に入場。こんな事は初めてだ。おかげで結構良い場所に陣地を構える事ができた。
Img_0441

コチラちゃんも出勤w
Img_0442

天気の方は薄曇りで、水から上がると少し冷える感じだったが暑すぎるよりは良かったか?
ウチの下の子を含めて2名泳ぎが不安なチビッ子がいたのでお父さん2人が交代で付いてまわる・・・
午前中は空いていたが13時をまわる頃にはもう芋洗い状態に・・・
Img_0448

気の合う友達と一緒だった為か皆終始ハイテンションだった。

15時頃にはもう泳ぎ疲れて、プールを後に・・・遊園地で遊ぶという事になった。この遊園地は普段なら1時間待つようなアトラクションは滅多に無いのだが、流石に夏休み最終週だけあっていつもより混んでいた様だ。
回数券4回分で好きなアトラクションに並んだら陣地に戻るというスタイルで大人は木陰で休む・・・

私はというと。1時間だけ離脱してレース場で開催されている「シマノ鈴鹿ロードレース」を観に・・・

考えてみるとリニューアルしたスタンドに入るのは初めてだ。綺麗になっていてビックリ。
Img_0455

このイベントはF1でもおなじみの鈴鹿サーキットを自転車で走るというイベントで初心者からマニアまで誰でも参加できる多彩な種目が用意されているのが特徴。
会場に入ってみてさらにビックリ。参加者の多いこと・・・
コースは自動車では何でもないが結構起伏が激しい。ちなみに自動車レースとは逆走だ。
Img_0463

パドック内にはメーカのブースが出ていて、最新モデルの試乗車やパーツ、グッズの販売が行われていた。

マドン6が・・・
Img_0480

ターマックSL3が・・・
Img_0465

雑誌を見ていつも溜息を付いていたモデルが触って乗れてしまう。一度乗ったらアッチの世界に行ってしまいそうなので試乗は自粛。

オルベアのブースが無く、現実的に買えそうなFELTに思ったモデルの展示が無かったのは残念だったが、今年からフルカーボンになったピナレロFP2が見られたのは大きな収穫だった。(出場者もピナレロが多かったなぁ・・・)
Img_0467

また、サイクルアカデミーと称してプロの選手が指導してくれるイベントも行われていた。
Img_0477

この業界では超有名人。今中大介氏も普通に歩いてた・・・

頭がクラクラ来るのはプールでの疲れではなく情報量の多さだと気付き、ほどほどで撤退。一目散に遊園地へ戻るのであった・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サクリファイス

私と同時期にスポーツサイクルを買った同僚からこんな本を借りた。

サクリファイス 近藤 史恵

Img_0439

2年ほど前に刊行されたサイクルロードレースを舞台にした小説。
それほどのボリュームでも無くテンポ良く話が進むので一気に読破してしまった。
最初は「犠牲」という意味のタイトルにピンと来なかった。
個人競技でありながらアシストがエースを勝利させる為に全力を尽くすというロードレースの特殊性を指している事が読み進めるうちに分かる。しかし、これは表面的なテーマで物語としてはもう一つの大きな「犠牲」を伴う。

本格的に自転車に乗っている人には物足りないのかも知れないが、私のような初心者にはちょうど良い深さだったと感じた。

また、同時に「マイヨジョーヌへの挑戦」という2003年のツール・ド・フランスを題材にしたドキュメント映画を同じ同僚から借りて見ている。

ロードバイクが欲しくなってしまう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大仏とかガンダムとか・・・

08月08日(土)~14(金)

上記が私の夏休みだった。
この日程の中で大阪⇔三重と三重⇔千葉の移動を行い、千葉では私と嫁の両実家をまわるのだから、ほとんど移動ばかりと言っても過言ではない。今週末になってやっと疲れが取れた所だ。

今回はさらに遠出する気にもならず、実家から30分ぐらいの所に新しくオープンした阿見プレミアムアウトレットに行ったぐらい・・・
Img_0428

このアウトレットモールは牛久大仏からほど近い。アメリカンなショッピングモールから見える身長120mの大仏という異次元空間が出来上がっているw
Img_0427

ここにはT-falが入っている。新築祝いとして両親に写真の鍋セットをプレゼントしてもらった。(IH対応のT-falって結構するんだよな・・・)
Img_0435

通常より2日短い行程だった為、13日には私だけ三重に向けてUターン。嫁と子供は後日新幹線で戻ってくる事となった。
例の地震の影響で東名高速の状況が全く読めない状態でのUターン。幸い下り車線は私が通る前日には復旧し大した渋滞もなく走行できた。
しかしその前に通過する首都高はあちこちで事故渋滞が発生し、抜けるのに1時間ほど費やした。
おかげで、レインボーブリッジから噂の「実物大?ガンダム」を拝むことができた。
Img_0431

8月も終盤だ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代休の過ごし方2

08月05日(水)

前回の続き。

通勤用のSEEK R3。走行距離は3ヶ月で900kmに到達したが、週末は三重に帰ってしまうので通勤路以外の道を殆ど知らない。

良い機会なので近隣を回ってみることにした。

近場で気になっていたのは「仁徳天皇陵」。
歴史の教科書でもおなじみの日本最大の前方後円墳だ。最近の教科書では大仙陵古墳と表記されていたりするそうだ。

中に入ったりすることは出来ないが、全周約3kmを回れるようになっている。

Img_0415
Img_0416

この、仁徳天皇陵に隣接する他の古墳を内包した大仙公園という公園があるのだが、この場所は今年の5月に行われた「ツアー・オブ・ジャパン堺ステージ」のコースになった所でもある。
ツアーオブジャパンのビデオを思い出しながら周回コースを走っていると・・・

自転車博物館 サイクルセンター
Img_0386
Img_0387

市内にあるのは知っていたが、詳細な場所までは調べたことが無かった。通りかかったのは全くの偶然。
早速、入館料\300を払って中に入ってみる。

展示内容は自転車の歴史や、ブレーキや変速機の仕組み等の展示の他、シマノのお膝元ならではの地域に密着した「自転車のまち」としての取り組みについて等も展示してあった。その為だろうか?当日は小学生が団体で展示自転車を写生していた。
Img_0388
Img_0393

そして、来年春までの期間限定だそうだが、「ロードレーサーの歴史展」という特別展が開催されていて、今年のツール・ド・フランスに出場した 別府選手が昨年乗っていた車体等展示があった。
Img_0395

極めつけはコレ・・・
自転車好きなら知らない人は居ないツール・ド・フランス7連覇を達成し、本年、4年のブランクを経て復帰したランス・アームストロングの初優勝時の車体。そして、マイヨ・ジョーヌ

Img_0405
Img_0406

他にはジロ・デ・イタリアのマリア・ローザ等も飾ってあった。
Img_0404

こんな貴重なものを直に見ることが出来るなど思ってもみなかった。自転車三昧の代休であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

代休の過ごし方

08月05日(水)

今日は代休。お盆休みを交代で出勤する為、先取りする形となった。代休も交代で取るので三重に帰る事もできない週のど真ん中に取らざるを得ない・・・

なかなか行けないでいたSEEKの購入店に行き点検がてらケミカル類を購入。ついでに注油やチェーンクリーニングのやり方などを店主から教えてもらう。

Img_0426

そのほかついでに取り付けたものは次の2点

TOPEAK Bar'n Mirror

最初に付けていたバックミラーだが、走行中に外れて何処かに飛んで行ってしまった。今回はバーエンドと一体型になっているものを選んでみた。

Img_0420

ミラーを展開するとこの様な感じになる。縦方向の幅が狭いので、実際の使用時は開き角度を60度ぐらいで止めて、斜めに映る様にすると良い様だ。

Img_0421

BBB ROADPROTECTOR リア用 BFD-21R

雨の日は仕方が無いが泥よけが無いと雨上がりで路面が濡れているだけでレインスーツを着用しなければならなくなる。しかも、鞄は無防備なので毎回ドロドロ・・・
泥よけを付けるならコレと決めていたのだが、なかなか店頭で見つける事が出来ずにいた。今回めでたく取り付け。
脱着式で主張がないシンプルなデザインなのが気に入っている。

Img_0422

この装備で近場をまわってみた。詳細は次回に続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイホームとか(その72) 3ヶ月点検その後

07月25日(土)

久々の「マイホームとか」シリーズ。
最近はネタも無いし、何かいじる資金もないので全く話題が思い浮かばないでいた。

さて、5月の末に行った3ヶ月点検だったが、やっと工務氏からその後のフォローが入った。別に急いで何かしなければならない箇所もなかったのでこちらから催促する気も無かったが・・・

今回確認したのは下記3点

1)床鳴りの具合
 最近湿気が多い為か床鳴り箇所がおさまってしまった。この件については1年点検まで経過を見ましょうという事になった。

2)24時間換気の2階ユニットがうるさい
 24時間換気のコントロールパネルには強/弱切り替えがある。しかし、このスイッチに反応するのは実は1階部分のみで、2階は本体にあるスイッチで切り替えるそうだ。非常に分かり辛い場所にあるため、自分でフィルタ交換した時にも気が付かなかった。折角だから、その場で工務氏に切り替えてもらった。

この辺にスイッチがあるらしい・・・
Img_5987

3)浴室のドア開閉が重い
 浴室ドアのスライドがイマイチでレール部が削れてきていた。調整で何とかならないものかと、当日はINAXからも人が来てくれた。あっさり「レールとスライド部の部品を交換します。」という事になった。
 数日後交換作業にあたってもらったのだが、「機種が新しすぎて部品の単品取り寄せが難しかったのでドアごと交換します。」と新品のドアを持ってきた。

交換後のレール。元は○位置が削れてた
Img_0384

ドア交換のついでに風呂の蓋フックを後付けしてもらった。
今まで蓋は立てかけているだけで浴槽でくつろいでいると、良く倒れてきて困っていた。タマの認識では補強が必要なので後付け不可という話を以前に聞いていたのだが、INAXの人にダメ元で聞いてみたら、あっさり出来るという事でドア交換と同時に施工してもらった。(約4千円)

Img_0385
Img_0383

最後に、3ヶ月点検の時に書いた寸法間違えの件だが、支店長名で「業務改善の徹底をします」という書面が出てきた。きっと時間がかかったのはこれの準備の為だったと思う。まぁ、私は工事のやり直しを求めている訳ではないので、本件はこれで許すことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »