« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

紅茶の話しとか

私は珈琲派か紅茶派か?と聞かれたら間違えなく紅茶派と答える。別に珈琲が嫌いな訳でも無く、職場では専ら缶珈琲なのだが、家に帰ると紅茶を飲む機会の方が圧倒的に多い。

茶葉はいつも「LUPICIA」という店で買う。
http://www.lupicia.co.jp/
この店とはもう10年以上の長い付き合いで(以前はL'EPICIEという商号だった)通販や店頭で定期的に購入している。

別に紅茶にそれほどうんちくがある訳でも無いのだが、ここ数年はUVA HIGHLANDSというCEYLON茶に固定している。
色々飲み比べて分かったのだが価格が高ければ良いというものでも無く、好みと合うかどうかだというのは何事も同じ。

最近は週末の帰宅途中「なんばパークス」の店舗で買うのがパターンで週末立ち寄ったら、福袋セールをやっていた。
通常の2倍のお得という事で買ってみる事にした。

久々の飲み比べ・・・
これで当分楽しめそうだ。

Img_6567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

docomo フォトパネル02とか

6月12日(土)

父の日が近いという事で、実家へのプレゼントを探しに名古屋へ・・
毎年、デパートで何らかの衣料品を買い、サービスで子供達の写真をとってもらうというのがパターンだったのだが、実はプレゼントより孫の写真の方を楽しみにしているそうで、それならとデジタルフォトフレームを両実家にプレゼントする事にした。

docomo フォトパネル02
1
これは、メールで写真を送りつける事ができるタイプのもの。犬がCMをやっているソフトバンクではなくdocomoでも同様の商品をひっそり販売している。

店頭での展示も1台きりで立ち番をしている店員さんに料金プランの事等を尋ねてもあまり要領を得ない感じだった。整理券を取りいざ窓口で申し込むぞという段階になったのだが、あいにく窓口担当者も研修生でこれまた大変そうだった。こんな特殊な商品を同時に2台申し込んだのだから仕方がない。

さて、このフォトパネル02、docomoの携帯電話網に繋がる製品でFOMAカードと電話番号を持つが通話やデータを送信する機能は無い。「お便りフォトサービス」(\210/月)に加入した上で「定額ユビキタスプラン」という料金プランに入らなければならない。
定額ユビキタスプランはデータ量に応じて\490~\9,756/月かかるのだが、今回は\980(写真60枚相当)で止まる設定にした。(ちなみに8月迄はキャンペーンで何枚送っても\980だそうだ)
2

キャンペーンにつき実家への郵送も無料でやってくれるというのだが、初期設定等を両親が自力でできるとも思えないので、一度持ち帰って設定を行う・・・
3

手順は・・・
1)管理者のアカウントを作成(携帯orPCから申し込み)
2)仮登録メールに書かれている本登録アドレスにアクセス
 この時、本体に表示されるサービス番号と電話番号が必要。
 フォトパネル本体のメールアドレスを決める。
3)フォトパネルに写真を送ることができる利用者を登録する。
 (決まった人しか送れない仕組みになっている。迷惑メール
 でパケットオーバーしても困るので当然と言える)
2台分なので、2)と3)の作業を2度繰り返す。

結構、面倒くさかったが何とか写真を受信できる様になった。
4

あとは付属のSDカード(2GB)にデジカメの写真を移植して、普通のフォトフレームとしても使える様にセッティングする。
ちなみに、このフォトパネルは縦置き横置きに対応しており、時計やカレンダー表示も可能となっているが、動画ファイルの再生はできない。
5

デジカメの写真を表示させて分かったのだが、撮り溜めたデータの多くは撮ったことすら忘れているものも多い。
実家だけではなく自宅にも欲しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一大スペクタクルとか

6月11日(金)

今日はGW出勤の振り替えで久しぶりの平日休み

この前の雪辱を果たすべく安楽峠に向かったのだが・・・

もともと安楽峠は昨年から落石等があり通行止めなのだ。
普段はバリケードを越えて勝手に入っていくのだが、平日なので工事の人が居て追い返されてしまった・・・

休憩中・・・後ろに見えるのは新名神高速の高架。
Dvc00307

休憩していると、消防車、救急車、パトカーのセットが峠に向かっていく。工事現場で事故でもあったのかな?と、考えながらも坂を下りてゆくとキャンプ場の管理事務所前に地元の人が集まっている。尋ねてみると、登山客が滑落したらしい・・・
本人が管理事務所に電話をかけてきたというのだから生存はしている様なのだが・・・

ヘリがやってきた
Dvc00311
30分ほど周辺をまわり要救助者の場所を特定したらしく、高度を下げてホバリングを始めた。
吊り上げる所が見られるかと期待したのだが、救助は地上班に任せたらしくそのまま帰ってしまった。

よく山で遭難してヘリを出してもらうと費用が高いと聞くが、このヘリは防災ヘリなので呼んでも無料だそうだ(地元の人が教えてくれた)

近場に遭難者が出るような所があるという事に驚く一日だった。

私も規制している道に入るのは自粛しようと思い直した。

本日の走行距離:46km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍の光とか

6月5日(土)

蛍観賞に行ってきた。
市内(と言っても家から20kmぐらい離れているが)に
ほたるの里と言われる場所があり、毎年家族で
観に行っている。

ここの凄いところは全て自然発生の蛍であるところ。
地元の方が周辺の駐車場や柵等を整備しているが、
幼虫や餌の放流はしていない。

毎年6月第一週頃が目安なのだが、その日の気温や風等、
気候に左右されるのでなかなか難しい。
今回は割と多かった方だった。

橋の欄干に一眼レフを置いて2分露光でこれぐらい・・・
本気で撮ろうと思ったら三脚固定で20分ぐらい露光しないと
無理だそうだ。
2

この先もずっとこの環境が保たれる事を願って・・・
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルクレンチとか足の毛とか

ORBEA ONIX 鬼式1.08の巻

オルベアの自転車はフラッグシップのORCAを筆頭にOPAL,ONIX,ORDU,ORA等"O"が頭文字に付くモデルが多い。ONIXはメノウ(ONYX)を意識したネーミングと思われる。カラーのアンスラサイト石炭を意味する。石の名前が2つも付いた自転車って・・・

先日行ったステム交換の結果だがレバーのポジションもばっちりでより走り易くなった感じだ。
ただ、ボルト締付けトルクを計れなかったのが気になってしょうがない。ヘッドパーツのボルトは締めすぎても緩すぎてもフレームにダメージが発生する。特にカーボンのフレームはボルトを締めすぎたらすぐに割れてパーになる。
精神衛生上よろしくないのでトルクレンチを導入する事にした。

grunge コンパクトトルクレンチ
デジタル式では無いが、毎日使うものでもないのでコレで十分であろう。
1

もう一つのネタ・・・

Panasonic ヒゲトリマー ER2403P
2

・・・これは足の毛を剃る為だけに買ったw

アタッチメントを取り外すと小型のバリカンとして使える。
単4電池2本で動く優れものだ。去年はカミソリで剃って片足1時間ほどかかったのが10分ぐらいで終わった。

自転車乗りが足の毛を剃るのにはいくつか理由があり、一般的には怪我をしたときに治りが良いからと言われている。
私の場合、汗をかいた時、毛が絡み付いて引っ張れる感が不快だからで、チクチク感よりはマシだと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »