« 最大心拍とか | トップページ | 冬用ウエアとか »

プチ・ブルベ山城とか

10月16日(土)

プチ・ブルベ山城100kmというイベントに参加してきた。
ブルベとは指定されているコースを、チェックポイントを通過しながら、制限時間内に走るというもの。普通ブルベは200km以上のものを指すので今回のはプチと名が付いている。
今回は「風日待サイクリング倶楽部」の一員として総勢17名の大所帯で参加。全体の参加者が170名ぐらいなので実に10%をしめるw 最高齢(68歳?)の方もおり、ある意味目立った集団となった。

コースはこんな感じ。
京都八幡木津自転車道線を流れ橋からスタートし、南端の木津 泉橋寺と北端の嵐山を回るというもの。
01

朝5:40にあびさんの車で出発。京都の十条近くに集合して、そこからスタート地点まで自走。(これだけで17km)
既に多くの参加者が集まっていた。
02 03

速さを競うものではないので実に多彩な自転車が集まっていた。中でも目立っていたのは我らの一員「出張人さん」のリカンベントパナソニック ロデオの4人チーム。他にも子供を牽引するキャリーカーやスマートコグという超小径車等も見られた。
04 05

それではスタート。
サイクリングロードは整備されていて平坦コースなので走り易い。一般の歩行者や自転車乗りの方も当然いる訳なので道幅が狭い所での追い越しやすれ違いは気を遣う。
06

基本的に1本道なので要らないかとも思ったが、一応ガーミンにルート案内させてみた。細かな曲がるポイントや残り距離の確認ができ大いに役立った。
07

走行中の自分という写真は、これが初めてかも・・・
08

大所帯なので、全員で集団走行という訳にもいかず、所々で待ち合わせ。
09

南端の泉橋寺に到着。ここで折り返しスタート地点の流れ橋へ向かう。
10

流れ橋で休憩後我がチームは50kmコースとしてゴール。何故、嵐山を回って100kmとしないのかと言うと、スタート地点まで戻るとまた十条まで自走しなければならなくなるから。
フリーになった我がチーム。そのまま嵐山を目指す

やっと嵐山に到着。
11

ここで遅い昼食をとった。
京都らしく、おぼろ豆腐丼など・・・
12

疲れている時、甘いものは欠かせない。
デザートは抹茶栗ぜんざいソフトw
13

日没まであまり時間が無いので観光は無し。ここから集合場所である十条に戻り解散となった。

本日の走行距離:100kmにちょっと満たない97km

お土産は抹茶&ほうじ茶八つ橋。
帰りの土山SA(滋賀)で買ったのはナイショw
14

同じ自転車趣味と言っても、その志向や付き合い方は様々。
速さを競うのではなく、お互いを認め合いそれぞれのスタイルで走る「風日待サイクリング倶楽部」。貴重な仲間と巡り会えたと思う一日だった。

|

« 最大心拍とか | トップページ | 冬用ウエアとか »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191600/49768211

この記事へのトラックバック一覧です: プチ・ブルベ山城とか:

« 最大心拍とか | トップページ | 冬用ウエアとか »