« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

電子ブックとか

せっかくスマートフォンを買ったのだから話の種にと
TSUTAYA GALAPAGOSにて電子ブックを購入してみた。

『プリンセストヨトミ』
以前に『鹿男あをによし』を読んで面白かったし、
時期的にもタイムリーかと思い選んだ。
Img_3122

作品の方はまだ読み進めていないので電子ブックそのもの
の感想・・・

電子ブックのメリット
1)価格が安い
 電子ブック版は\630、文庫は\750。後述するデメリットを
 加味するともう少し安くても良いのではと思う。
2)自由に拡大できる
 小説の場合は文字を拡大しても、ページを捲る操作だけで
 続きにフォーカスしてくれる。
 この辺の使い勝手は良くできていると思った。
3)マーカー等を自由に引くことができる
 紙だとなかなかやらない事を気軽にできるのは良い。
4)部屋が真っ暗でも読める
 単身先のマンションは照明のリモコンが無く、常夜灯も無い。
 私にとってはこのメリットが一番大きく感じた。

逆にデメリットは・・・
1)再販や貸し出しが出来ない
 スマートフォンだと読み終わったらから嫁にという
 訳にもいかない。
 また、○ック○フに売る事も出来ないので、データ販売は
 もう少し安くしても良いのではないだろうかと思った。
2)パラパラとページを探せない
 マーカやしおりをマメに打っておけば何とかなるのかも
 知れないが、本をパラパラっと捲るようにはページを
 探せない。
3)所有する喜びが全く無い
 音楽配信も同じ事だが、棚に列んでいく蔵書を眺める事が
 できないのは寂しい。

ここからはGALAPAGOSに対する愚痴
スマートフォン版GALAPAGOSはソフト内部から終了できない
一々タスク一覧から終了を選ばなければならないのだ。
自分自身を終了させる手段を持っていないソフトウエアというのは
いかがなものだろう?専用端末は終了そのものの概念が無いから
良いかもしれないがそのまま移植したのでは工夫がなさ過ぎ。
また、ストア上の表紙画像がSDに勝手に溜まっていくのも気持ちが
悪い。SDのギャラリーが「もしドラ」の表紙だらけになって
しまった。
TSUTAYAにももう少しがんばってもらいたい
電子ブックでこそ読みたい作品が沢山あるのにちっとも電子化
されていない。電子化されているコンテンツは何だか偏っていて
広がりを感じる事が出来ない。

今後、2冊目、3冊目と継続して買うかはもう少し考えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鳥の湖 とか

6月12日(日)

子供達が通うバレエ教室の発表会があった。

今回の演目は『白鳥の湖』
長い期間準備していただけあって見応えのある舞台だった。
今回は初めて姉妹が同じパートで踊る場面があった。

1 2
3
4

「白鳥の湖」は今「ブラックスワン」でも取り上げられて
いる話題の演目だが、どんなお話なのかは正直知らなかった。
私の中では「みにくいアヒルの子」完全に混同していた。

鳥と言えば、玄関先に出来たツバメの巣だが、11日に無事
卵が孵った。最初は微かな鳴き声しか聞こえなかったが、
今日初めて雛の姿を観る事が出来た。現在確認できている
のは三羽・・・
5
6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »