上京とか

更新をさぼっているうちに夏休みが終わってしまった・・・
今年は諸般の事情で4日間の短い帰省だった。

4日間と言っても移動を含んでいるので実質は2日ほどの滞在。

そんなスケジュールの中、TV局巡りをした。

・・・写真無しw

はじめは子供が今ハマッている「桜蘭高校ホスト部」の
ドラマが放映中のTBSへ・・・

期待してたグッズ販売があまりにもショボかったので、

急遽日テレも、というコースになった。


誰もお台場に行きたいと言い出さないのがミソ。

買ってきたグッズ類。
桜蘭高校は数年前、別な局でアニメを放映していた関係で
キャラクタがキティに置き換えられている。
所謂大人の事情ってヤツだ・・・

Dsc_0018

駆け足でまわっただけだったが雰囲気は味わえたか・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地デジ化とか

11月07日(日)

ちょっと早めに大阪に移動。

と言うのも、先日注文したTVが単身赴任先のマンションに
届くからである。
本当は3日の祝日に受け取るつもりで発注したのだが、在庫が
なく今日届く事になっていた。

SHARP LED AQUOS LC-32SC1
32型LEDバックライト搭載機種。
Dvc00399

今まで20型のブラウン管を使っており、アナログ停波まで
粘るつもりでいたのだが、家電エコポイントの減額とリサイクル
加算が廃止になるという殺し文句に乗ってしまった。

26型ぐらいでも良かったのだが、値段があまり変わらないので
32型にした。3年前に単身赴任を始めた頃、同じ値段で20型が
買えるかどうかという状態だったはず。安くなったものだ。

出来ることが増える訳ではないので生活は何も変わらないが、
モノラルだった音がステレオになり聞き取り易くなったのと
番組表が瞬時に見られるのはやっぱり便利だ。

20型が乗っていたTV台をそのまま使っているので不安定に見える。
「そんな装備で大丈夫か?」
「大丈夫だ、問題ない」
Dvc00400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻影の覇者 ゾロアークとか

8月1日(日)

娘二人を連れて恒例の映画を見てきた。

『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』

Dvc00331

夏休みとあって、市内のシネコンの混雑ぶりは大変なものだった。
これでもちょっと早めに行ったつもりだったのだが、席はどこでも選べるという状態ではなかった。

『ダイヤモンド&パール 』としては最終作となるそうだ。
映画の内容も昨年・一昨年のよりは良かったかな。子供向け映画ではあるが全く手を抜いておらず映像がとても綺麗だった。

そして、映画のもう一つのお楽しみ、「セレビィ」の配信。
Dvc00332

これで、とうとうポケモン図鑑493種を完成する事ができた。
Dvc00333

ちなみに、前売り券の特典は3人とも「スイクン」を選んだw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超劇場版2010とか

今日は家族全員でコレを観てきた。

「超劇場版ケロロ軍曹
  誕生!究極ケロロ奇跡の時空島であります!!」

Dvc00233

映画としては5作目になる。
この作品は子供が見ても楽しめるし、私のような世代の人が見ても笑えるパロディ満載で我が家は一家ではまっている。
昨年は新築&引っ越しの最中だったので劇場には行けなかった。念願かなってといったところだ。

内容は原作15巻に収録されている話を映画のスケールにふくらませたもので、実にケロロ軍曹らしい良い出来だったと思う。
公開から僅か1週間なのに劇場はガラガラでこの先が心配だが、ドラ○もんの初日と重なっていたので仕方が無いか・・・

劇場では4コマ漫画を収録した小冊子がもらえる
Dvc00236

こちらは映画とほぼ同時に発売されたコミック最新刊
映画版2作目の原案を長編で収録。映画と微妙に設定をずらして描いてあり、なかなか趣がある。
Dvc00235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED AQUOS とか

ちょっと事情があって、リビングのTVが替わった。

SHARP LC-40LX1
Dvc00208

LEDバックライト搭載の40型だ。
Dvc00210
Dvc00209
Dvc00211

以前の機種は
SHARP LC-37GX3W
Img_0583
3インチアップと両サイドにスピーカが付いた事で横幅が10cmほど広くなった事になる。

消費電力は214W(年間192kWh)→145W(年間118kWh)と2/3ぐらいになったそうだ。

使ってみた感想。
ぱっと見、前の機種と比べて発色の癖が大きく変わっている。
LEDのせいなのか分からないが標準設定で青白く感じるのはネットのレビュー通りだと思った。(この辺は設定でかなり振れる様になっているので追々好みの色に変えていきたい)
コントラストの方は申し分なく、今まで暗い画面つぶれてしまっていたような所が明らかに良く見える様になった。
他に音質やリモコン操作のし易さが格段に向上しているのは特筆すべきかと思った。あと、チャンネル切り替え時のスクロールする様な画面演出がおもしろい。切り替えの待ち時間を感じさせない様な工夫が良い。

全体的には画質も音も向上し、今のリビングにはちょうど良いサイズで満足している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「アルセウス超克の時空へ」とか

07月26日(日)

連続になるが、ポケモン関連・・・

子供達を連れて、今公開中の映画「アルセウス超克の時空へ」を観に行った。これにて「神々の戦い」と言われる3部作は終了だそうだ。まだ前の2作にも登場していなかったヒードランはどうするのだろうと思っていたが、極めて軽い扱いで本作に登場する。

娘の感想:
「ギザミミピチューが大活躍」って言うほど活躍してない。

Img_0379

夏休みも本番だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」とか

一週間前の事になるが、子供達を連れてポケモンの映画を観てきた。夏休みで激混みかと予想していたが、「ポニョ」wの方とうまく分散した様でそれほどでもなかった。
映画自体の感想を書くと、ゲスト声優で台無しになった昨年の反省からかアッキーナを非常に地味な役回りとした所が正解だったと感じた。ジバコイル役のゴルゴは思いの外頑張っていた。
私が行った劇場だけの話かも知れないが、DSデータの配布がロビーでも取れてしまうのは少し問題ではなかろうか?
写真は鑑賞特典のギラティナのカードとシェイミのバトリオパック。先着400万人!?というのだから大した自信だ。

Img_0756

2枚目の写真はクレーンゲームでゲットしたシェイミ。これほどの大物を釣ったのは初めて。子供も喜んでいたよ。

Img_0759

先日話題にしていた「ポケモンフェスタ2008」の参加権がめでたく第一希望で当選した。当日を考えるとちょっとブルーだ。

Img_0755

当選といえば、9月13日に発売の「ポケットモンスター プラチナ」+「限定 DS Lite 本体」のエントリー販売というのにも当選してしまったのであった。長女の初代DS(青)も電池の持ちが悪くなっているし、私のDS Lite(白)も調子がイマイチなのでまぁあっても良いかと思い申し込んで見たが、いざ当たってしまうと困りものだ。これで5台目のDS・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶TVとか

とうとう、我が家にも液晶TVの時代が到来してしまった。

LC-37GX3W
フルハイビジョン、倍速駆動、ダブルチューナーという仕様。

Img_0583

夏のボーナスが出る頃に考えようと思っていたのだが、名古屋のBICカメラで17万円台+ポイント20%というのにつられて飛びついてしまった。完全な衝動買い

世界の亀山モデルだそうだ。一つの工場をこれだけプッシュしている商品がいままであっただろうか?(私は反保護フィルム&シール派なので、この後すぐに剥がした)

Img_0584

今まで28型ワイドのブラウン管だったが37型の薄型TVは一回り大きいぐらいで圧迫感がない。逆に奥行きが少なくなった分部屋が広くなった様に感じる程。

画質の方は地デジなどのハイビジョンソースだと恐ろしく綺麗だが、アナログ放送やゲーム等ハイビジョンで無い映像だと粗さが大画面で強調されてしまって辛いことになっている。

こうやって全ての映像ソフトがハイビジョンに巻き取られてゆくのだろうか。

実は納品に際して一同爆笑の騒動があったのだが、その話はここでは明かせない。理由は聞かないで欲しい。

サイドスピーカのGX4Wが在庫限りと言っていたのでGシリーズにも近々新型が発売されるのではないかと思う。新機種を待つも良し、在庫のあるうちに買うも良しだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びいと鳴く

TVドラマ「鹿男あをによし」が終了した。

最終回は
儀式無事終了→印を解く話で揉める→堀田ちゃんだけ印を解く→→先生東京に帰る事が決定→藤原君の恋の行方→堀田のキスで先生の印が解ける→先生、藤原君とハッピーエンド
・・・と言った内容で、原作でもそんなにページ数が無い部分であったので、回想シーンが多かった。

堀田が先生に追いつくシーンは、原作では京都の新幹線のホーム。TVでは近鉄奈良駅という設定。近鉄奈良駅は地下ホームなので実際の撮影は天理駅で行った模様。
おかげで、堀田の手紙で「電車が揺れて字が乱れる。近鉄は良く揺れる。字が汚いのは近鉄のせい」という内容のクスッと笑える場面が削除されてしまったのが残念。
藤原先生が女性になったので最後はラブコメ全開のあんなまとめ方になってしまったがせっかく綾瀬はるかに出演してもらったのだから仕方がない事。

全体的には2時間ドラマ前編/後編の2回か映画一本分の内容だったな、と思う。エンディングは間違えなく今年のドラマの中では最高の出来

びいと鳴く尻声悲し夜の鹿」 芭蕉の句が原作に出てくるが、私は先生同様「びい」と鹿が鳴くところを想像出来ないでいた。ドラマではこの片がさりげなく表現されていて、原作と映像を両方楽しむというのはつくづく良いものだなと感じた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

超劇場版3とか

先週より公開されている『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!』を見に行ってきた。
昨年は封切り翌日で3月18日だったから今年は2週間ほど早いことになるのか、シネコンのロビーはかなり混んでいた。結構人気があるのだなぁと思っていたら待っている客の7割は「ドラえもん」の方に流れていったw

感想はネタバレしない程度に、

・各キャラクタが活躍するバランスがよく考えられていた
・パロディ要素も前作より強化されていた。ガンダム好きなら泣いて喜ぶことと思う
武者ケロはチビケロの時みたいにフルCGでやって欲しかった
・メインの二役をこなした渡辺久美子は大変だったと思う
ルー大柴がかーなーり押さえた演技をしていて笑える
福田紗紀は嫌いでは無いが、声としては??であった。

1,2,3作の中では今回の3作目が一番面白かった。前作は人には勧めなかったが、今年のは見ても大丈夫

写真は先日発売になった原作 第16巻と、劇場で貰えるオマケのケローリング(カーリング遊びができる)両者に付属する応募券をセットで送るとバッグや冷蔵庫が抽選で当たるらしい。

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧