ナビ修理とか

今日は12月30日。昨日から千葉の実家の方へ車で帰省している。

帰省と言っても混む方向とは逆向きの上、今年は帰省ラッシュが分散型になったそうで、予想以上にスムーズに帰れた。

道中では子供達が退屈しないように何枚かDVDをかけながら走る訳だが、1本映画を見終わって、次は・・と嫁が入れたTV番組を録ったディスクに付箋紙が付いていた為、中で詰まってしまい再生不能となってしまった。

当日は暗くなっていた為、諦めてミュージックプレーヤやラジオで我慢してあらためて明るくなってから付箋紙の除去に挑戦してみる。

ディスクの入り口から除去できないかと思ったがやっぱりダメでナビユニットを取り外して分解するしかない模様。

ネットで調べた所、CUBEのコンソールパネルは灰皿を引き抜いて出てくる2コのネジを取り外すことによって可能だそうで、勇気を出して挑戦してみた。

1)灰皿を外す
 ここのネジを外すとコンソールパネルを取り外す事が可能になる。
 パネルは上の方から気合い一発。(爪を折らないように注意)
1dscn0814  
 
2)パネルを取り外す
 完全に取り外すには、ハザードランプのスイッチとシガーソケット
 2カ所のコネクタを外す必要がある。私はハザードのみ外した。パネルが外れたら現れるナビユニット両サイドにある4カ所のネジを外すとユニットが引き出せるようになる。
2dscn0813  
 
3)ナビユニットを引き出す
 このナビは天板が5カ所のネジで留まっている。
3dscn0812  
 
4)天板を取り外してみた
4dscn0809  
 
5)問題の付箋紙は・・・
 あった!ピンセットで慎重に除去。

5dscn0808 6dscn0810  
 
 
あとは1)~4)の逆手順でパネルを戻して修理完了
修理屋に持って行くことにならなくて良かったよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

□から?へ

以前、「○から□へ」というタイトルで日産Cubeを買ったときの話を書いたが、19日にそのCubeがフルモデルチェンジになったそうだ。販売店の近くを通りかかったので実車を見てみることに・・・

今回のモデルチェンジで全長が約150程長くなり、1.4lが廃止された。3列シートのキュービックは現時点で発売されるかどうか未定との事。思い付きで行ったので写真は携帯で撮影・・

Dvc00138 Dvc00136 Dvc00137

外観は角が取れた感じで微妙な顔つき。旧型での特徴であった収納の多さはそのまま引き継がれている。今回からイグニッションはボタン式で緊急用の鍵穴は用意されていない。

・・・念のため言っておくが、今回は買いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地デジNAVI

昨日の続き・・・

色々あって1号車に昇格してしまったCubeだが、メインで使うには装備が貧相だ。そこで増強計画発動

FUJITSU TEN ECLIPSE AVN557HDTV
FUJITSU TEN ECLIPSE ETC107

Dscn0565

FUJITSUを選んだのはエスティマに付いていた純正NAVIが同社製で操作系が大体同じで覚えやすいと思ったから。ETCはもっと安い物でも良かったがこの際だからNAVIと連動できるものにしてみた。
昨日市内を見て回って限定3セットで特売していたものを朝一から買いに行った。

ちょっと豪華すぎたかもしれない。我が家初の地デジだよ。リビングのTVなんかまだブラウン管だもの・・・

次週はディーラで純正セキュリティを取り付ける予定。それまで盗まれないことを切に願う。

なんか金の出入りが激しい・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さよならエスティマ

Img_0353

今日、愛車を売却してきた。

今の単身赴任先は自動車通勤ができない。おまけにアパート周辺の月極駐車場は2万円が相場で全く車に乗る気が起きない。

2号車であるcubeを売るという選択肢もあったが、嫁はエスティマの運転に自信が持てないというし、次月に車検を迎えるということで、こちらを思い切って売ってしまう事にした。

人気のある車種で特別仕様車、セキュリティ、ETCも完備なのでかなり良い値段で売れた。

しかし、この喪失感といったら・・・
結構ジワジワ来るよ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (2)

○から□へ

突然だが、車を買った。

日産 Cube 1.4S KAGAYAKI Edition

Dscn0456

この前、マーチのマイナーチェンジを見に行ったのがきっかけで、その時、全然買い換える気は無かったのだが何故か本日納車されることに・・・本blog史上最高額の無駄遣い。

前任のマーチとの比較。似たような色だがマーチがビーンズでキューブがアイリッシュクリームというそうだ。
意外な事にこの2車、高さ以外のサイズと回転半径がほぼ同じ。
という事で同じ感覚で乗り回せる上、室内の広さは格段にアップした。収納もたっぷりあって良い感じ。

Dscn0458

ご当地ナンバー。明日は8耐・・・

Dscn0452gotouchi

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Newマーチとか

今日は出張準備の続きで衣類等を買い足した。出発までにもう一回週末があるので気が楽だ。

ところで我が家には2台の自動車があるのだが、そのうち嫁が主に使っている日産MARCHが先日マイナーチェンジしたそうだ。営業さんが是非見に来て欲しいというのでディーラへ立ち寄った。

見た感じ変わったところと言えば・・・
・バンパー下部の形状
・フロントグリルがメッキ縁取り。ウインカー埋め込みが廃止
・ヘッドライト部にウインカーが移動。変更前より出っ張りが大きくなり運転席から良く見えるようになった。
・シート生地が微妙に変わった
・ステアリングスイッチ(オーディオ)
・ヘッドライトのレベライザ追加
・カップホルダの形(以前は缶コーヒーぐらいの小さい缶だと良く倒れて評判が悪かった)

新色のSAKURA 綺麗なピンク色

Dvc00077

一番変わったヘッドライトはこんな形。(メーカサイトの写真よりよく分かると思う)

Dvc00078

間違い探しゲームを堪能してしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中距離走者の孤独

今日はいろいろな事が起こり300mダッシュを繰り返す・・・・馬鹿ばっか!

これでも昔は中距離走者だったが右ひざ前十字靭帯を失った今、走るのは本当に稀な事。

Dscf0224

Dscf0226

興味の無い人には申し訳ないが、昨日に引き続きまた見つけたトラバント。今回のものはイメージ通りのボロボロ感で良い感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラバント

以前からかねがね見てみたいと思っていたトラバント。ついに見ることができた。夜食事に行く途中道端に止まっていた。

Dscf0185

Dscf0195

かなりの愛好者がオーナーの様で外観がかなりいじってあったがトラバントに間違えない。明るいときに見たかった。

※.blogのカテゴリを整理しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピェンチ、ゼロ、イェデン・・・

ポーランド語で「5、0、1・・・」

内輪でちょっと流行っている。携帯で番号が50・・から始まる番号にかけたとき繋がらない場合に流れるメッセージが「ピェンチ、ゼロ・・・」となるため「圏外=ピェンチ」の意味で使われている(私のまわりだけ)。

因みに

0:ゼロ 1:イェデン 2:ドヴァ

3:チシ 4:チュテルイ 5:ピェンチ

6:シェンチ 7:シェデム 8:オシェム

9:ヂェヴィェンテ 10:ヂェシェンチ

なんか数えにくそう・・・・・・

Dscf0165

今日食べたコトレットというポーランド風トンカツ。大抵の日本人はおいしいと感じると思う。私もポーランド料理の中では一番好きだ。

後ろに見えるのはジェヴィエッツビール。私はビールをあまり好まないので大きな事は言えないがポーランドのビールはどれも美味しく皆エビスビール並の濃さ。何処のレストランで飲んでも1杯500mlで\160~\200ぐらい。多くの出張者達は帰国後 発泡酒生活に戻る事を恐怖と感じている。

Dscf0162

ぴっちゃんへ:

マルフとはこれですかね?結構見る事が多くカラフルでかわいい車ですが総じて言えるのはどれもボロボロ。型が古いものはミラーが片方しかないし・・・。(そういばその昔500Dの模型を作った事があったっけ・・・)私はトラバントを見たいとかねがね思っているのですが、流石にそこいらには走っていない模様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポーランドの車事情とか

右側通行での右左折の違和感にそろそろ慣れ始めてきたところで、ポーランドの交通事情を少し紹介。

Dscf0104

街を走っている車はフォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、ルノー、シトロエン、フィアット等ヨーロッパ各国製の他、フォード、トヨタ、ホンダ、日産等を見かける。主観的に見た比率は日本での国産・外車の比率をヨーロッパ車とそれ以外に当てはめたような感じ。新車の販売ではトヨタが人気だそうだ。

私はそこそこ車に詳しいので(19日訂正:指摘によりそうでもないと思いました)、びっくりする様な車には出会っていないが、日本では見かけずこちらでは多く走っているという車は以下の2社だと思う。

Dscf0106

これはシュコーダ(SKODA)。チェコの車。日本ではまず走っていない。チェコというとガラス細工やCZ等の拳銃のイメージが思い浮かぶ。恐らく器用な民族なので品質は良いのではと勝手に思う。

Dscf0105

これはセアト(SEAT)スペインにあるVWの子会社の車。このメーカの最新型(FITを一回り大きくしたような外観のもの)に乗せてもらったが、作りがしっかりしていて結構乗り心地は良かった。大きなSのマークがあるがSEATとはどこにも書いていないのでちょっと調べたりした。

他にも中国製や韓国製のものも時々見かける。

ポーランドのガソリンは日本より高いらしい。街を走っている車の多くはディーゼルエンジンだ(といっても環境対応型の煙を出さないエンジン)。

Dscf0107

よく使うメルセデスタクシー。初乗り4.9PLN +1.4PLN/kmだ。新しいのから古いのまである。全てディーゼル。

Dscf0103

ポーランド人の運転は日本の一部地域と違って、わりと信号を守る。こちらの信号はレーンごとに縦型になっていて。赤から青に変わる前に赤+黄の点灯があるのが日本と違うところ。

街道は路肩が広くなっていて遅い車は路肩よりに走る。片側1車線のところではセンターライン側で追い越しをかけるからだ。そのためセンターラインで両方向からの追い越し車が衝突する事もある。なんか危ないなぁ・・・だから街道を走る車は昼間でもライトを点灯している。

Dscf0147

教習車は大きな「L」を載せているのが目印。

Dscf0149

これはトラムという路面電車。同じものがワルシャワでも走っていた。中の椅子は2列しかなく非常にコンパクト。まだ乗り方が良く分からないし、どこかに行っても帰って来られる自信がないので挑戦したことがない。(いつか乗ってみたい。)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧